日本語能力試験とは?

日本語能力試験にほんごのうりょくしけんは、日本語にほんご母語ぼごとしないひとたちの日本語能力にほんごのうりょく測定そくてい認定にんていする試験しけんとして、1984ねんに、国際交流基金こくさいこうりゅうききん日本国際教育支援協会にほんこくさいきょういくしえんきょうかい当時とうじ日本国際教育協会にほんこくさいきょういくきょうかい)の2団体だんたい共催きょうさい開始かいしいたしました。

提供ていきょう  日本語能力試験にほんごのうりょくしけん公式こうしき ウェブサイト(http://www.jlpt.jp/)」

妻のように、日本語を母語としない人たちの日本語能力を測定する目安になります。
レベルはN1からN5の5つです。N1がいちばん難しく、N5がいちばんやさしいレベルです。

外国人を採用する企業では、N1レベルを必須とすることが多いです。
もしくは、話す・聞く・書くがビジネスレベルであることが条件になっていたりします。

概要

試験の実施

試験日:年2回7月と12月。2017年2回目は12月3日(日)
申込受付は9月29日に終了
次回は2018年7月予定
試験会場:2017年から試験会場は全国47都道府県で実施
海外でも受験可
海外の実施都市・実施機関一覧は公式HPで確認
試験レベル:N1・N2・N3・N4・N5の5レベル
申込方法:インターネット
郵送:受験案内(出願書類付)を全国主要書店で購入する
一部500円(2017年12月時点)
受験料:5,500円(2017年12月時点)
問い合わせ先:日本語能力試験受付センター Tel:03-6686-2974

試験科目

N1とN2は,言語知識(文字・語彙・文法)・読解 110分 聴解 60分
N3は、言語知識(文字・語彙)30分 言語知識(文法)読解 70分 聴解 40分
N4は、言語知識(文字・語彙)30分 言語知識(文法)読解 60分 聴解 35分
N5は、言語知識(文字・語彙)25分 言語知識(文法)読解 50分 聴解 30分

得点区分

N1からN3は、言語知識(文字・語彙・文法)読解・聴解の3区分。
得点の範囲は0~60 総合得点は0~180。

N4とN5は、言語知識(文字・語彙・文法)・読解と聴解の2区分。
得点の範囲は0~60 総合得点は0~180。

合否判定

合格ごうかくするためには、①総合得点そうごうとくてん合格ごうかく必要ひつようてん(=合格点ごうかくてん以上いじょうであること、② かく得点区分とくてんくぶん得点とくてんが、区分くぶんごとにもうけられた合格ごうかく必要ひつようてん(=基準点きじゅんてん以上いじょうであること、のふたつが必要ひつようです。ひとつでも基準点きじゅんてんたっしていない得点区分とくてんくぶんがある場合ばあいは、総合得点そうごうとくてんがどんなにたかくても不合格ふごうかくになります。

提供ていきょう  日本語能力試験にほんごのうりょくしけん公式こうしき ウェブサイト(http://www.jlpt.jp/)」

N1~N3とN4N5は、得点区分が違う。

レベル総合得点そうごうとくてん得点区分別得点とくてんくぶんべつとくてん
言語知識げんごちしき
文字もじ語彙ごい文法ぶんぽう
読解どっかい聴解ちょうかい
得点とくてん範囲はんい合格点ごうかくてん得点とくてん範囲はんい基準点きじゅんてん得点とくてん範囲はんい基準点きじゅんてん得点とくてん範囲はんい基準点きじゅんてん
N10~180点100点0~60点19点0~60点19点0~60点19点
N20~180点90点0~60点19点0~60点19点0~60点19点
N30~180点95点0~60点19点0~60点19点0~60点19点

 

レベル総合得点そうごうとくてん得点区分別得点とくてんくぶんべつとくてん
言語知識げんごちしき
文字もじ語彙ごい文法ぶんぽう)・読解どっかい
聴解ちょうかい
得点とくてん範囲はんい合格点ごうかくてん得点とくてん範囲はんい基準点きじゅんてん得点とくてん範囲はんい基準点きじゅんてん
N40~180点90点0~120点38点0~60点19点
N50~180点80点0~120点38点0~60点19点

提供ていきょう  日本語能力試験にほんごのうりょくしけん公式こうしき ウェブサイト(http://www.jlpt.jp/)」

試験結果の通知

合格者には、日本語能力認定書が送られる。
日本国内の受験者には、全員に合否結果通知書が送られる。
海外の受験者には、合否結果通知書のかわりに日本語能力試験認定結果及び成績に関する証明書が全員に送られる。

勉強方法

平成29年は、JICE外国人就労・定着支援研修が実施されていません。
ここでのN3クラスの勉強は、無料でなかなか良かったのですが。
しかし妻は不合格でしたけど。
今はテキストで独学をしています。
市町村での外国人向けの日本語教室やNPO法人主催の日本語教室もありますが、妻はフルタイム勤務の為時間がありません。
最近は残業または早出もしています。
なかなか毎日勉強するのは大変です。まして本人が勉強嫌いときていますから(笑)

まとめ

妻がJICE外国人就労・定着支援研修で勉強していた時は、大学卒の外国人がかなり多かったそうです。
ある程度下地があるのでしょうか?
妻の友人で日本に20年や30年住んでいるフィリピン人たちは、会話はうまいのですが、読み書きは苦手なようです。

昨今外国人の店員さんや、スタッフを見かける機会が増えましたが、皆さん上手に日本語を話します。
どうやって日本語を学んだのか、聞いてみたい衝動に駆られたりします。私としては最終的にN1を目指したいのですが、道は遠そうです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事