2018年6月26日に最寄りの地方入国管理官署へ妻の永住許可申請書を提出しました。そして12月3日に永住許可された在留カードを受け取ってきました。
特別な事はしていませんが、備忘録とします。

永住許可申請

永住許可申請は1~4まであります。
今回の記事は妻に該当する、1.「申請人の方が、日本人の配偶者等又は永住者の配偶者等の在留資格である場合」についてになります。
その他2~4は法務省ホームページ内、永住許可申請を閲覧してください。
法務省:永住許可申請
※余談ですが我が国の法務省ホームページもまだGoogleで保護されていない通信です!

永住許可申請1

提出資料はホームページに10項目挙げられています。私達はこんな風に用意しました。

  1. 永住許可申請書1通
    地方入国管理官署に用紙があります。書き方の見本も掲示してありました。写メしました。遠方の方等は、法務省ホームページからダウンロードできます。
    書き方はネットで検索してもたくさん見つかりますから特に問題なく書けるでしょう。
  2. 写真
    縦4cmX横3cm 1枚
    スピード写真で撮影したものを提出しました。
  3. 身分関係を証明する次のいずれかの資料
    3点挙げられています。私達は(1)の申請者の方が日本人の配偶者である場合なので、配偶者の方の戸籍謄本(全部事項証明書)1通を提出。私の戸籍謄本です。
  4. 申請人を含む家族全員(世帯)の住民票 適宜※マイナンバーについては省略。
    世帯の住民票を1通提出しました。
  5. 申請人または申請人を扶養する方の職業を証明する次のいずれかの資料
    (1)会社等に勤務している場合
    在職証明書1通
    妻はこれに該当するため、会社に申請しました。妻は派遣会社に所属しています。外国人社員が多いためか、在職証明書はすんなり発行されました。
  6. 直近(過去1年分)の申請人又は申請人を扶養する方の所得及び納税状況を証明する次のいずれかの資料 
    (1) 会社等に勤務している場合及び自営業等である場合 
    住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書(1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの) 各1通
    妻の課税証明書と納税証明書を各1通提出しました。
  7. パスポート 提示
    申請書提出時に提示しました。
  8. 在留カード又は在留カードとみなされる外国人登録証明書 提示
    在留カードを提示しました。
  9. 身元保証に関する資料
    (1)身元保証書1通 通常配偶者がなります。地方入国管理官署に用紙があります。書き方の見本も掲示してありました。写メしました。遠方の方等は、法務省ホームページからダウンロードできます。
    書き方はネットで検索してもたくさん見つかりますから特に問題なく書けるでしょう。
    (2)身元保証人の印鑑 身元保証書に捺印を忘れなければ不要です。
    (3)身元保証人に係る次の資料 
       a 職業を証明する資料 適宜 
       b 直近(過去1年分)の所得証明書 適宜 
       ※ a及びbの資料については,上記5及び6を参考にして提出してください。 
       c 住民票 1通
    妻同様に私も在職証明書1通と課税証明書と納税証明書を各1通を提出しました。住民票は4で用意したもので可です。
  10. 身分を証する文書等 提示
    申請書の提出は原則本人です。家族は疾病等で出頭できない場合は地方入国管理局長が適当と認めるものとあります。疾病の場合は診断書等を提出します。
    他は法廷代理人か取次者になります。
    弁護士や行政書士に依頼する以外は、本人が赴くのが無難です。また受取も同様です。都合2日有給休暇を取得しました。

審査基準

1 素行が善良であること
2 独立の生計を営むに足りる資産又は技能を有すること
3 その者の永住が日本国の利益に合すると認められること
(注)日本人,永住者又は特別永住者の配偶者又は子の場合は,1及び2に適合することを要しない。

妻は3に該当します。日本国の利益とは私にはよくわかりませんが、妻は仕事をして日本に納税をしていますから、利益に合するのではないでしょうか。

標準処理期間

4カ月
妻の場合5カ月ほどでした。

不服申立方法

なし
却下されてもどこにも文句が言えない!!!

手数料

許可されるときは8,000円の収入印紙で納付。
申請書提出時にハガキに申請者の連絡先を書いて提出します。これが後に届くのですが、8,000円に丸してあれば永住許可申請がOKということです。

その他

申請書提出時に妻と私の健康保険証の提出を求められました。私は持っていませんでしたが、妻は持っていたため提出。職員がコピーをしました。
その後私への提出は求められませんでした。
申請書提出時私は休日だったため妻に同行しました。受取は妻一人で行きました。
混んでいたためか、2時間ほどかかったそうです。以前の在留カードは回収しないで、穴あけパンチして新しい在留カードと一緒に渡されました。記念品でしょうか?

まとめ

妻の永住許可申請は、特に苦労することもなく、すんなりと終えることができました。永住者になり、在留カードの更新は7年後になります。
うっかり忘れると永住許可がパーになってしまう。管理をしっかりしないといけません。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事