シャワートイレ(温水洗浄便座)を購入から自分で交換するまで

購入後おそらく7年~8年ほど経過した我が家のシャワートイレ本体下部から水漏れするようになりました。
我が家は賃貸集合住宅の3階です。下の階への水漏れなど大事になる前に購入して自分で交換した顛末です。

我が家のトイレの現状は

今の賃貸集合住宅は当初シャワートイレではありませんでした。そのため管理会社へ申し入れて自費でシャワートイレに自分で交換しました。
INAX製の便器なので、INAX製のシャワートイレを購入しました。

手順は取扱説明書に書いてあるとおりに、既存の便座を取り外して、シャワートイレ本体を取り付けます。これは簡単です。

面倒なのは、分岐金具の取り付けです。止水栓と給水タンクへのホースの間に、シャワートイレ本体へのホースを取り付けれるように分岐金具が必要になります。
これは同封されていますが、付属のフレキシブル管の長さがうまい具合に合えばいいのですが、長すぎたり短すぎたりしたら厄介です。加工が必要です。
私の場合、ブレードフレキを購入しました。これは曲がりに余裕があるため、フレキシブル管よりも楽に取り付けられました。加工も不要でした。

今回の交換は

今回もINAX製を購入しました。今はLIXILですね。
取扱説明書には、既存の便座からの交換手順が記載されています。随分前にした交換ですが、取説を見つつ行いました。

初めに止水栓を閉める

止水栓を閉めます。取説にもありますが、私はトイレの止水栓と元の止水栓の2箇所を閉めました。これでも慎重なんです(笑)
集合住宅の場合は、あらかじめ管理会社等で場所を確認しておきましょう。
止水栓を閉めて、台所の蛇口で水が出ないことを確認しました。

分岐金具を交換する

ここからの手順は特にこだわらなくても、やり易い順番で良いかと。
分岐金具を同封の物と交換しました。アジャスターが前のには付いていた分、今回の分岐金具を取り付けると短くなり、同封のフレキシブル管(30cm)では短くて取り付けができません。
しばし考慮し、分岐金具はこのまま同封の新品に交換して、フレキは現状使用中のブレードフレキをまた使うことにしました。

止水栓と分岐金具とブレードフレキを仮締め

パッキンは新しい物と交換して、トイレのタンクと分岐金具と止水栓を取り付けて仮締めにしておきます。
我が家のトイレはとても狭いため、シャワートイレ本体への給水ホースを取り付けた後でないと、位置が確定できないからです。

シャワートイレ本体を交換

シャワートイレを取り外して便器の汚れをお掃除したら、給水ホースをシャワートイレ本体に取り付けてから新しいシャワートイレ本体を取り付けます。
現状は取り付け感がしっくりこなくて、よく動いたりしていました。
今回の製品は取り付けに本体着脱プレートなる物があり、このおかげでジャストフィットでした。
給水ホースを分岐金具に取り付けて、給水タンクやシャワートイレ本体との位置。蓋を上げた状態での位置を確認して微調整をしてから、止水栓と分岐金具とブレードフレキをしっかりと取り付けます。

試運転

止水栓を開けます。水漏れが無いか確認します。
私はここで大の便器洗浄を3回してみました。水漏れはありません。
次に電源プラグをコンセントに差して電源の確認です。取説のとおりに点灯が確認できました。やはり水漏れはありません。
取説どおりに確認していきます。おしり・ビデ洗浄良し。温度調整良し。温水、便座の温まり良し。

問題なく終えれました。

取り外したシャワートイレ本体は

私が住む自治体へ確認したところ、大きさが60cm以下なら燃えるゴミで出してくださいと回答がありました。
幸い大きさは60cm以下でした。燃えるゴミに出せて、処分に費用はかかりませんでした。

必要な工具

モンキーレンチとマイナスのドライバー。分岐金具がうまく付かないとやっかいです。ブレードフレキは少々長くても取り付けできるからおすすめです。

今回の購入は

INAX 【日本製で2年保証&キレイ便座の貯湯式】 温水洗浄便座 シャワートイレ RGシリーズ オフホワイト CW-RG1/BN8を購入しました。
廉価ですが特に問題は無いかと思います。主流は壁掛けのリモコンタイプです。こちらは少々値が張ります。

シャワートイレ(温水洗浄便座)を購入から自分で交換するまでのまとめ

7年~8年ぶりに交換しましたが、なんとかできました。それでも小一時間かかり、大汗をかいてしまいました。
半年ほど前から、洗浄強さのランプが点滅し始めました。これはネットで検索したら、点検のお知らせのようです。
INAX(LIXIL)公式HPによると、想定安全使用期間は10年だそうです。私のシャワートイレも、もしかすると7,8年では無く10年以上使っていたかもしれません。
忘れてしまいましたが。
そんなわけでそろそろ交換時期かなと思っていたところ、今回のシャワートイレ本体の水漏れとなりました。
すんなり交換ができて妻からもクレームが無くて良かったです。

簡単な作業なので、ご自分での交換をおすすめします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事